Blog
- お知らせ -

ブログの一覧

軽量鉄骨工事~下地工事ポイント~

軽量鉄骨工事~下地工事ポイント~

躯体工事が完了したのちに、建築物内部でおこなわれるのが内装仕上げ工事。
おもに、各部屋の天井、壁、床について、下地から最終仕上げまで
仕上がった部分に傷をつけないように養生しながら、作業を進めていきます。
内装工事が進むにつれて、しだいに内部は、建築物の完成イメージが実感できるようになります。

軽量鉄骨工事は、施工を始める前に、コンクリートの壁面に墨を用いて
高さ・水平の基準線となるポイントに印をつけていきます。
高さの基準墨のことを「陸墨」(りくずみ)といい一般的には床仕上げから1000㎜上がった位置に出します。



また、床面の墨出しは、通り芯(※)から1000㎜の位置に「逃げ墨」(※)を出します。


※通り芯・・・実際に出来上がった壁の内側から内側までの距離のことではなく、「壁芯」から「壁芯」までの距離のこと。

※逃げ墨・・・障害物などによって、仕上げ面に直接 墨出し(基準線を引くこと)ができないときなどに、正規の基準線より一定の距離をおいて引いた工事用の墨のこと。



施工図や設計図を基にして、部屋の壁位置や出入口の位置などを読み取りながら、墨を出していきます。
墨出し工程を元に、次は下地施工に入っていきます。とても重要な工程です。

石膏ボードなどの仕上げ材料を張るための下地作りでは、一般的に軽量鉄骨材が使用されます。
LGS(=ライトゲージスチール)や軽天(けいてん)と呼ばれ墨出しで出したポイントを基準として設置していきます。


大阪府大阪市の内装工事は「株式会社ケイ-プラウド」へお任せください!

お問い合わせはこちらから







> MORE

GL工事とボード工事

GL工事とボード工事

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

11月に入り本格的に冬が始まった気がします。風邪に気を付けて温かくして過ごして下さいね!


ボード貼りは通常、軽量鉄骨で作った骨組みの上に貼るのですが、

GL工事はコンクリートの表面に石膏ボードを直接貼りつける工事です。

予め下地を作っておく必要もないので、費用がその分かからずコスト削減につながります。

また、下地調整の手間を省けるのでより速い施工をすることができます。

どういった場合にGL工事が適しているかといいますと、

コンクリートに直接貼りつけるため、お部屋の空間を広く取りたい時などに役立ちます。

『GL工事』と『通常のボード工事』どちらが適しているか分からないというお客様は

遠慮なくご相談いただければと思います。

 

 

 

株式会社K-PROUD

大阪府大阪市旭区大宮1-14-18 柳ビル201

TEL:06-6954-6691 / FAX:06-6954-669

お問い合わせフォームは こちら から

> MORE

軽量鉄骨の天井仕上げ工事を解説します!

軽量鉄骨の天井仕上げ工事を解説します!

景観や機能性といった観点から、鉄骨造やRC造などでは
屋根や上層階の床からボルトを介して、吊り下げる天井が一般的となっています。
この吊り下げられる天井を「吊り天井」と呼んでおり
在来天井やシステム天井といった、いくつかの仕上げ方法があります。



それぞれの天井仕上げについて、見ていくことにしましょう。

【在来天井】
在来天井とは、軽量鉄骨下地に石膏ボードを直張りしたあと
仕上げ用にもう一枚ボードを張るか、ボードのジョイント部分をパテ処理して平滑にし
その表面を部屋の用途に応じて仕上げる工法です。


主な表面仕上げとしては、次のようなものがあります。

・塗装
・クロス張り
・岩綿吸音板

これらは表面に仕上げ模様がついていますので、下地石膏ボードの上に施工します。
化粧石膏ボードは、石膏ボードの表面に仕上げ模様がついていますので
軽量鉄骨下地に直接施工して、仕上げとすることが可能です。



【システム天井】
システム天井とは、上階の躯体から吊り下げた「Tバー」と呼ばれる金属製の枠を使用して
岩綿吸音板と設備機器のパネルを落とし込む工法です。
作業の効率化、設備機器の増設や移設が比較的容易にできるメリットから
おもに、オフィスビルの事務室天井に採用されることが多いです。

設備機器をライン上に配置する「ライン型」と
格子状に組まれた枠内に設備機器を落とし込む「グリッド型」に大きく分類されています。

 

大阪府大阪市周辺の内装工事は「株式会社ケイ-プラウド」へお任せください!

お問い合わせはこちらから

> MORE

熟練の職人集団

熟練の職人集団

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

季節はすっかり秋ですね🍂食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋などと言われますが、

何かを始めるのにぴったりの季節ではないでしょうか。


ケイ-プラウドは熟練の職人集団がそろっており誇りであります。

在籍しているスタッフは皆、この業界で15年以上のキャリアを持つベテランの職人たち。

どのようなご依頼にも長年の職人歴に裏付けられた確かな技術力で、誇りを持って高品質な施工をお届けいたします。

軽天工事・内装工事・ボード工事以外にも、

店舗内装や一般の住宅のリフォームなども承っておりますので、

上記内容の工事やリフォームをお考えの方はぜひご連絡下さい!

お問い合わせお待ちしております。

 

 

株式会社K-PROUD

大阪府大阪市旭区大宮1-14-18 柳ビル201

TEL:06-6954-6691 / FAX:06-6954-669

お問い合わせフォームは こちら から

> MORE

ボード工事とは!?

ボード工事とは!?

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

段々と涼しくなってきて、過ごしやすい日が増えましたね。


ボード工事とは壁や天井の下地となる部分を作る工事で、軽天の上にボードを貼りつけていきます。

ボードとボードの間を隙間なく貼りつけ、境目をしっかりとパテで埋めることで、

この後の工程のペンキ塗装やクロス貼りでのひび割れといったトラブルを防止しています。

こうした確実な施工は見た目の美しさにも繋がります。

ボードには様々な種類があり、耐水、防音、強化石膏などもお選びいただけますので、

ぜひ、ご要望をお聞かせください!

その他ご質問等ございましたら、遠慮なくお問い合わせください!

 

 

株式会社K-PROUD

大阪府大阪市旭区大宮1-14-18 柳ビル201

TEL:06-6954-6691 / FAX:06-6954-669

お問い合わせフォームは こちら から

> MORE

天井の脱落を防止する「耐震天井」と法基準

天井の脱落を防止する「耐震天井」と法基準

鉄骨造りやRC造りの建築物において、多くの天井では
屋根や上層階の床からボルトを介して吊り下げる天井が一般的となっています。

こうした「吊り天井」は、地震時には大きく揺れが起こり、壁に衝突してしまい
端部が破損したり落下したりする危険性があります。



東日本大震災において天井脱落による被害が大きかったことを受けて
政府は吊り天井に対して新たに安全基準を設けました。

天井高6mを超え、かつ水平投影面積200㎡を超え、かつ構成材の質量が2kg/㎡を超える天井で
なおかつ、人が日常的に利用するところにおいては、
国土交通省の告示によって「特定天井」と定められ次の脱落防止対策を講じることが義務付けられています。


・部材の強度を高める
・天井は市部と壁とのクリアランスを確保する
・補強ブレース(※)を設置する 
・クリップを使用しない

※ブレース・・・建物の強度を持たせるために、筋交いのようにタスキ掛けに設ける線状の材のこと。 



この基準をまとめると、吊り天井自体を軽くするか
脱落しないように補強することを求める内容となっているわけです。
また劣化等のおそれがあるものについては、その防止措置を講じることも必要となります。


大阪府大阪市周辺での内装工事は「株式会社ケイ-プラウド」にお任せください!

お問い合わせはこちらから

> MORE

軽天工事と軽鉄工事は同じ?それとも別の工事?

軽天工事と軽鉄工事は同じ?それとも別の工事?

内装工事を行うために専門業者へ見積もりを依頼すると、その見積もりの中に出てくる軽天工事と軽鉄工事というものがあります。

工事の名称だけを見ると何が違うのか、その違いがわからないと思いますし、もしかしたら同じ工事のことなんだろうかと疑問を感じても改めて専門業者へ聞くこともできないという人もいると思います。

軽天工事と軽鉄工事について少しわかりやすく解説します。

まず、軽天工事と軽鉄工事は同じ工事のことを言い、この2つの工事の他にもLGS工事というものもあります。

軽天とは、0.5mmという薄い鉄板の厚みの軽鉄剤という部材のことを言い、この部材を使用して壁や天井を作る工事を軽天工事と呼んでいます。

LGSは、ライトゲージスチール(Light gauge steel)の略称で、木材と比べると原価が安く、耐火性や湿気に優れているだけでなく、加工性が高いことから施工しやすく工期を短縮することができるので、業者が扱いやすい部材として多用されることが多いものです。

このような部材を使用して壁や天井などの骨組み(下地)を作る工事のことを軽天工事、軽鉄工事、LGS工事と呼び、内装工事の見積もりにも記載されています。

 

大阪市中心に関西一円対応で軽天工事・内装工事・ボード工事などを承っています「株式会社ケイ-プラウド」です。
お住まいのことならお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

> MORE

アフターフォローも充実

アフターフォローも充実

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

猛暑が続いていますね。

夏バテや熱中症に負けないように気を付けましょう!


施工完了後のお引き渡しは万全の状態で行うのは当たり前ですが

万が一、トラブルや気になる点があればすぐに当社までご連絡ください。

大阪市を中心に関西一円で業務を行っていますので、迅速にお伺い可能。

当社が手掛けた施工に対して、アフターフォローも含めて最後まで責任を持って迅速に問題の解決を図ります。

お客様からのご依頼は当社にとって大切な『ご縁』。

今後も安心してお任せいただけるような、さらなる信頼関係の構築に尽力いたします。

些細なことでも構いません、ご相談等ございましたら遠慮なくお問い合わせ下さい!

 

株式会社K-PROUD

大阪府大阪市旭区大宮1-14-18 柳ビル201

TEL:06-6954-6691 / FAX:06-6954-669

お問い合わせフォームは こちら から

> MORE

どの業者に依頼しても内装工事のスケジュールフローは同じ

どの業者に依頼しても内装工事のスケジュールフローは同じ

内装工事を施工会社へ依頼する場合、基本的にはどの業者へ依頼しても工事に関するスケジュールフローに違いはありません。

そのため、まずはいいなと思う内装工事を行う施工会社をいくつかピックアップし、見積もりなどを依頼してみましょう。

見積もりなどの依頼をする場合、どんな内装工事を行いたいのか、完成形のイメージなどコンセプトを提示し、さらに予算や融資に関することなども伝えます。特に完成形のイメージやコンセプトは、言葉だけではなくインテリア雑誌などを用いて、「このようなイメージで」という風にわかりやすくすると、イメージが伝わりやすいのでおすすめです。

 

提示したイメージやコンセプトに合わせたパースや図面の作成と、概算見積もりを出してもらったら、どの施工会社に依頼するのかを検討して一番いいなと思う施工会社を決めて依頼、契約を行います。

 

無事に契約を終えたら、いよいよ着工となりますが、着工前にさらに詳しい打ち合わせを施工担当者、デザイナーと一緒に行ったうえで着工となりますが、依頼する側は依頼して着工となったら完成を待つというのではなく、できるだけ現場に足を運ぶことをおすすめします。

こまめに現場に足を運んで進行状況を確認するようにすると、もしも思っていたのと違ってやり直しをお願いしたい場合も柔軟に対応してくれることが多いので安心です。

工事を終えると、完成・引き渡しとなり、不備がないのか施工会社が立ち会いながら点検を行い、引き渡しとなります。

 

大阪市中心に関西一円対応で軽天工事・内装工事・ボード工事などを承っています「株式会社ケイ-プラウド」です。
お住まいのことならお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

> MORE

ハイスピードの魅力

ハイスピードの魅力

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

株式会社 ケイープラウドです。

各地方で大雨が続いているようで、心配な日々でございます。

 

【ハイスピードの魅力】

丁寧かつ、質の良い施工をするだけでは意味がありません。

「本当に良い施工」というものには、提案から施工完了までのスピードも求められます。

「丁寧なだけではダメ」「早いだけでもダメ」丁寧なだけでなくハイスピードな施工も

当社の大きな強みです。当社では徹底してスピードとクオリティの両方を追求。

なぜなら、スピーディに施工を完了できると、早期営業再開や工期短縮による人件費削減でお客様の利益に貢献できるからです。

施工において、スピードとクオリティは大変重要なものです。

軽天工事・内装工事・ボード工事などご依頼ございましたら、ぜひ当社におまかせ下さい!

お客様のご要望に全力でお応えいたします!

 

 

株式会社K-PROUD

大阪府大阪市旭区大宮1-14-18 柳ビル201

TEL:06-6954-6691 / FAX:06-6954-669

お問い合わせフォームは こちら から

 

> MORE
ページトップへ