LGSF
- 軽天工事 -

軽天工事

  • 軽天工事
  • 軽天工事

「軽天工事」とは、軽量鉄骨と呼ばれる材料を格子状に組んで固定し、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事を指します。 普段建物を利用する中で直接目にすることはありませんが、ボード工事の下地にあたる工事なので、その役割はとても重要。 軽天工事は、ボード工事の基礎を作る役割があるのはもちろん、スペースを区切ることでパーティションの役割もあり、内装下地のさまざまな場面で、使われています。

ページトップへ