LGSF
- 軽天工事 -

軽天工事

■ 軽量鉄骨の特徴

軽量鉄骨は、軽天工事で使われる材料で、加工性や経済性、施工性に優れているという特徴があります。
これらの特徴から商業施設やビル、工場など、さまざまな建築物で利用されています。

01軽量なため建物にかかる負担が少ない
材料に使われる軽量鉄骨は厚みが6mm未満。木材や厚み6mm以上の重量鉄骨と比べても軽量なため建物にかかる負担が少ないです。
02加工がしやすい
木材に比べて工場製作や現場加工がしやすく、R曲げなどの加工もしやすいという特徴があります。
お客様のお好みや建物の形状に合わせて曲げることが可能ですので、基本的にどのような建物にも対応することができます。
03耐火性・防湿性に優れている
木材だと湿気に弱く・燃えやすいですが、軽量鉄骨は湿気に強いのはもちろん、燃えないというのも強みです。
不燃材料でできていますので、消防検査にも通りやすく、手間がかかりません。
04リサイクル可能なので環境に優しい
軽量鉄骨は、リサイクルが可能。地球環境の保護にも貢献する材料です。
05木材に比べて価格や供給が安定している
木材と比べて輸送・加工という手間がかからず、原価も安いため工期の短縮、コストダウンにつながります。

■ 軽天工事の施工実績一覧

軽天工事
more
ページトップへ